【独身DTmer】羽二重くるみの、作曲は一日にしてならず【ギター】

アラサー独身ギタリストが、自分の殻を破り作曲をする過程を表したブログです。機材・書籍のレビューやガジェット関連の記事も書きます。

【レビュー】10倍速く書ける超スピード文章術を読んだ【書籍】

・・・・文章書くの苦手すぎる。のが悩み

 

 

 

てことで、
ダイヤモンド社から出てる上阪徹さん著の

「10倍速く書ける超スピード文章術」を読んでみた。

 

備忘録的な感じで

ポイントをまとめたのを僕の感想と

読書中のメモ書きや写真を添えて紹介します。

 

f:id:yamgucci06:20190227190934j:plain

表紙

f:id:yamgucci06:20190227190938j:plain

表紙

ふせんでひたすら大事だと思う所をチェック(ぺた)

 

f:id:yamgucci06:20190227190947j:plain

箇条書きのメモ

とりあえず2、3周ざっくり読んだら、スケッチブックにふせんでチェックした所を箇条書きで洗い出し。

(えっ、俺めっちゃ勉強してる)

 

 

感想

 

一言でいえば、文章を速く書くために日ごろからアンテナを張って、素材(ネタ)集めを入念にしてみよう。と書く為の思考が前向きになった良書でした。

読み手が何を求めているのか、どんな年代や立場の人が読むのか設定して素材を選べば、目的をぶれることなく速く書ける事がわかりました。

表現や難しい文章を書こうとさえ考えなければ、長文を書く事は素材の塊を合わせ推敲するシンプルな作業なんだと、文章を書く事に対する苦手意識が少し消えました!

 

 日常生活で実践しようと思ったのは、素材集めのツールに

スマホのメールの下書き」を使うことですね。

どの端末、パソコンでも使えるわけだし

有料・無料のメモアプリをわざわざ使う必要が無いことに気づかされました。

書き始めたら悩まない誤字脱字気にしない、一旦書いたら文章を寝かせて修正は最後...

 

普段やってたりするけど改めて有効なんだなと再認識しました。

 ブログの記事作成でもこの本の方法を活用していこうと思います。

 

 

以下、本を読んだ重要だと思うポイントを書いていきます。

途中からしんどくなってただの箇条書きになってしまいましたが・・・w

 

 

速く読みやすい文章を書くためには....

以下、本の内容で大事だと思ったPOINT


1.素材を集める

 

文章は素材が準備できていれば速く書けます。

文章が早く書けないのは、ゼロから文章を作ろうとするから。
まず素材を集めましょう。文章は素材が9割でできています。

 

素材とは

①独自の事実

②エピソード

③数字

 

の3つ。つまり読者が知りたいのは「具体的な事実」です。

長い文章を書く方法は多くの素材を並べるだけ。

その際に起承転結や文法にこだわらないでおきましょう。

 


2.目的・読者を決めるということ

 

前提として全員に向けた文章は伝わらないです。
文章の真の目的を確認し、何を書くのかはっきりさせましょう。


そのためにまず「読者」を決めましょう。

年齢や属性で層をイメージして、「ペルソナ(ターゲットとなる人物)」の設定をする。

具体的には友人や知人で読者になりそうな一人を決める。
誰が読むのか。相手によって素材を変えていく。

 

目的:___
読者:___

 

を書いて見える所に置いておきましょう。

 

 

3.面白い文章とは

 

読者の相場を知った上で書かれた文章の事です。知識レベルや、何に興味があるのか、何を知っていて何を知らないのかを想定すること。


そして書き手側の自分がどういう立場で話をしているのか。自分の相場観をはっきりさせることも大事です。

 例:若手社員→現場に則った目線

   40代社員→上層部目線・マネジメント等

 

4.素材の集め方

 

①ひらめきをメモする。
②五感で感じた事をメモする。
③箇条書きで素材を並べる。

④多くを集めて後で削る。

 


5.素材集めの術

 

スマホのメールの下書きを使う。下書きに素材が溜まっていく。
②素材集めはSNSやブログが最適。
③会話の録音で自分をインタビューしてもらう。
④一人でブレストする。
⑤素材をグループ毎に分け、素材が少ないグループはカットし、多いグループを採用する。
⑥移動中などの隙間時間を素材集めにする。

⑦取材する時等はA4版の大型ノートを使う。素材になりそうな内容だけマーカーで印をつける。

 


6.トップスピードで書くコツ


①推敲して整えることを前提にまずは書ききる。誤字や表現を気にせずに粗々で書きましょう。
②調べたい事ができたら●や★を入れて後で調べる。
③書いている最中に悩まない。

 


7.読みやすい文章とは

 

①どんなに長くても1文60字くらい。
②「  」を使う事。
③順接の接続詞を使わない。逆接の接続語を使いましょう。
④書いた文章は寝かせる。物理的な距離を置く。
⑤文章の全体から部分へ入っていく。
⑥問題点をすべてピックアップする。
⑦似た内容を繰り返しているところを削除する。
⑧最後の最後に誤字脱字をチェックする。
⑨読み手が何も知らない人という前提で書く。(※後述)
⑩専門用語は必ずかみ砕く。
⑪形容詞を使わないで素材で表現する。

⑫素材をすべて並べて「葉から枝」を作る。同じテーマの素材(葉)を束ねる枝を作ってグルーピングする。
⑬枝を並べる順番を、目の前にいる人にしゃべるにはどうするのかを想像しながら構成を考える。

⑭オチにはこだわらずにまとめを書く。

 

 

8.何も知らない読者に向けた文を書く5ステップ

 

①共感から入る。
②読者に疑義を唱える。
③その疑義の裏付けを書く。
④新たな発見で驚かせる。
⑤結論を伝える。

 

 

9.ふせん素材管理法

 

(本を書く時等・・・)

素材になりそうな所にふせんを章ごとに色分けする。コンテと素材が全て揃った状態にする。

こうすることで、どの章を書くときにどの色のふせんを見ればいいかすぐにわかるようになる。

 

 

 ・・・・以上

________________________________

 

終わりに

 

後半失速して雑になってしまった・・・ww

この本に書いてある事をほんの少し実践して書きましたけど疲れましたw

本のレビューもこのブログでしていこうかな。

一応このブログは音楽系なんで、音楽の教本のレビューとか需要ありそうですね

ギター関係ばっかりになってしまいそうだけどw

 

自分がやってる実プレイの動画とかも交えたら面白いんではないかと。

本を読む習慣つけてアウトプットをブログでしていこうと思います。

 

 

ほな・・・また・・・